最高級牛肉「神戸牛」通販・販売サイト【神戸牛.jp】最高級牛肉「神戸牛」通販・販売サイト【神戸牛.jp】 かごの確認 お問い合わせ サイトマップ

但馬牛と神戸牛の深~い関係 最高級牛肉「神戸牛」の鍵がここに

神戸牛を紹介するうえで、神戸牛と深い関係にある但馬牛を紹介しないわけにはいきません。但馬牛も、お肉好きの方なら、よく耳にする銘柄かと思います。兵庫県北部の地域で飼育される牛肉を但馬牛と呼び、神戸ビーフ作りに欠かせない存在となっています。

但馬牛とは?

但馬牛とは?

但馬牛は、もともと兵庫県において、水田耕作や輸送のための「役牛」として飼われていました。しかし、牛肉を食す習慣が生まれた明治期以降、その資質の高さが注目され、交配も但馬牛同士でしか行わないなど、純血を保った改良が行われ、ブランド化が進んでいます。今では、定義が狭められ、兵庫県内で飼育される黒毛和種を但馬牛としているようです。


ブランド牛の素となる但馬牛

現在、但馬牛の資質の高さは評判となり、様々な地方で育てられるブランド牛の素牛(もとうし:生後半年で出荷される牛)として、全国に広まりました。「松阪肉」「近江肉」をはじめ、あらゆるブランド牛は、例外なく但馬牛の血を引いているといわれています。
なお、神戸肉流通推進協議会が定める但馬牛は、以下の条件になっています。

兵庫県産(但馬牛)および神戸肉・神戸ビーフの規約 第20条
兵庫県産(但馬牛)の定義
「兵庫県産(但馬牛)」とは、本県の県有種雄牛のみを歴代に亘り交配した本県内で生まれ育成された但馬牛を素牛とし、肉牛として出荷するまで当協議会の登録会員(生産者)が本県内で肥育し、本県内の食肉センターに出荷した生後28カ月齢以上から60カ月齢以下の牛で、歩留等級が「A」「B」等級とする。

参考: 「神戸肉流通推進協議会」公式ホームページ

神戸ビーフが最高級牛肉である理由

当サイトでご紹介している「神戸ビーフ(神戸肉)」も、実は但馬牛なのです。もちろん、全ての但馬牛が「神戸ビーフ」になれるわけではありません。「未経産牛・去勢牛」「肉質等級:脂肪交雑のBMS値No.6以上」「歩留等級:A・B等級」「枝肉重量:450kg以下」といった厳しい基準があります。
つまり、もともと高級ブランドである但馬牛の中でも、さらに選りすぐった上質のもののみが「神戸ビーフ」と名乗のることができ、最高級牛肉「神戸ビーフ」としての名誉が与えられているのです。

肉牛にも色々な繋がりや位置付けがあるのですね。では、お肉の格付けとは、どのようにして決められるのでしょうか。

神戸牛を知る

ロード中...