最高級牛肉「神戸牛」通販・販売サイト【神戸牛.jp】最高級牛肉「神戸牛」通販・販売サイト【神戸牛.jp】 かごの確認 お問い合わせ サイトマップ

美味しさの理由は、天性のもの?それとも環境?

今や国際的な知名度を得ている神戸牛ですが、その美味しさの理由はどこにあるのでしょう。芸術的なまでの霜降りが特長の「神戸ビーフ」の神秘に迫りましょう。

改良を重ねた但馬牛が素牛

牛肉の良し悪しは、素牛で決まるといわれています。
「神戸ビーフ」は、兵庫県内で生産された優良素牛である「但馬牛」をもとに、県内の熟練した畜産家が高度な肥育技術を駆使して作り出しています。但馬牛は、1,200年の昔から、兵庫県北部は但馬地方の山あいにて、澄み切った空気と清らかな水、豊富な山野草など、恵まれた自然環境で育まれてきました。さらに、多くの人々の努力により、幾度にも渡る改良が重ねられ、上質な肉質が生み出されたのです。最高の肉質を誇る「神戸ビーフ」も、こうした但馬牛の長い歴史に支えられています。

きめ細やかな「サシ」の霜降り肉

神戸牛のおいしさの秘密は、「サシ」と呼ばれる霜降りにあります。
「神戸ビーフ」は、選び抜かれた素牛を栄養豊富な飼料と、農家の方による細心の心配りにより、大切に育て上げられたもの。こうした飼育工程や飼育に適した環境などのもと、筋肉の中に脂肪が細かく入り、これが鮮紅色の筋繊維と交雑して、くっきり鮮やかな「サシ」となります。そして、このサシの入った「霜降り肉」に熱を加えると、サシが溶けてその回りの筋肉を解きほぐし、絶妙の柔らかさと、抜群の舌ざわりを生み出すのです。この際、筋肉の持つ味わいと、脂肪の香りが微妙に溶け合い、特有のまろやかさが醸し出されます。

品質を維持する環境

最高の「霜降り肉」を持った良質の肉牛を飼育するためには、豊かな育成環境も欠かすことができません。但馬牛として生まれた子牛は、ストレスの少ない清浄な牧場で、一年間ゆっくりと放し飼いにされます。但馬の地は、水や空気などの自然環境はもちろん、湿潤な気候や冬場の日本海から流れ込む張り詰めた寒さにより、程よい身の締まりと、適度な脂乗りが形成されます。その後、県内各地の農家で愛情込めて育てられた但馬牛は、美しいまでにサシの入った「神戸ビーフ」として、皆様のもとへと届けられるのです。

もともと高い資質を持った但馬牛を、より豊かな環境で育て上げることにより、最高品質の「神戸ビーフ」が完成するのですね。では、最後にそうした「神戸ビーフ」をご提供する、当店のこだわりをご紹介しましょう。

神戸牛を知る

ロード中...