最高級牛肉「神戸牛」通販・販売サイト【神戸牛.jp】最高級牛肉「神戸牛」通販・販売サイト【神戸牛.jp】 かごの確認 お問い合わせ サイトマップ

保存 編

正しい保存法で肉の旨みを長期維持

神戸牛をご購入いただいた際には、鮮度が落ちないうちにすぐに食べ切ることが鉄則です。ただし、量が多く、使い分けたい場合は、保存するという選択肢も考えなくてはなりません。そこで、こちらではお肉の形状別に正しい保存方法を伝授いたします。

お肉の保存について

お肉は水とは違って、摂氏0度では凍りません。-2度ぐらいの少し凍った状態がもっとも美味しさや鮮度を長く維持することができます。ただし、こうした保存方法では、せいぜい保存期間は冷蔵で2日間、-2度で1週間程度。長めに保存される場合には、冷凍庫をうまくご活用ください。以下のコツを利用していただけば、1カ月程度は保存していただくことが可能です。

薄切り肉

薄切り肉

焼肉やすき焼き肉、しゃぶしゃぶ肉などの薄切り肉は、一食分をまとめてラップで包み、冷凍保存します。凍ったら、さらにラップのままポリ袋もしくは密封容器などに入れて保存しましょう。この際、空気が入らないようにすることが大切です。また、薄切り肉は、重ねて冷凍すると、その部分が変色してしまい、見栄えも悪くなります。一枚ずつラップで包むのが理想ですが、一食分まとめる場合は、お肉が重ならないように気をつけましょう。

ブロック肉

ブロック肉

ブロック肉は薄切り肉やひき肉に比べ、空気に触れる表面積が小さいため、比較的傷みにくい形状です。それでも、より鮮度と旨みを維持するために、ニ重のラップでぴったりと包むようにしましょう。適度な大きさに切り分けてから冷凍しておくと、使うときに必要な分量だけを取り出せて便利です。ステーキ肉でも、一枚ずつラップに包んで冷凍し、凍ったらさらにポリ袋か密閉容器でまとめて保存するようにしてください。

ひき肉

ひき肉

ひき肉は、その表面積の大きさからもっとも傷みが早い形状です。少しでも空気に触れる面を減らせるよう、生のままで一食分を薄く伸ばしてから、ラップで厳重に包んで冷凍するようにしてださい。その際、急速に冷凍することで美味しさを閉じ込めることができます。早く凍るように、できるだけひき肉を薄く伸ばしましょう。さらに長く保存したい場合には、フライパンで空炒りをしてから、一食ずつラップに包んで冷凍する方法がおすすめです。

解凍時のコツ

冷凍しておいたお肉を解凍して調理する際には、前日に冷蔵室に移し、ゆっくり解凍することが大切です。そうすることで、肉の旨みを逃げにくくし、少しでも美味しくいただくことができます。「凍らせる時はスピーディーに、解凍する時はゆっくりと」、これが保存したお肉を美味しく食べるためのポイントといえるでしょう。

美味しく食べるコツ

ページの先頭へ
ロード中...